放送芸術科

日本工学院クリエイターズカレッジ 放送芸術科の
最新情報をお届けしています。

2009年02月

上映会間近!

編集中エジプトチーム2編集中エジプトチーム










怒濤の撮影期間が終わり、今週は編集に突入。

中東映像ワークショップの一コマです。
本日はエジプト国内放送用に、シリア人のディレクターがベースの山王会館を訪れれました。

編集機はAppleを使用。

PCやカメラ機材が数セット学校から貸し出していますが、エジプトで2週間今回の機材をそろえるにはたいへんな手続きが必要となるそうです。
「すばらしい」との一言。
とともに「編集はたいへんだ」とも。

世界中で学生が日々ふれている製品が使われている事に、あらためて驚きます。
また機材も含め、映像の基礎知識に共通性も感じつつ、嬉しくなります。

--------------------------------------------------------------------

【中東映像専攻学生等招へい交流事業】
http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/0902/02-04.html

ジャパンファウンデーションは、日本工学院専門学校との共催により、アフガニスタン、エジプト、トルコから映像専攻学生と若手映像専門家それぞれ1名づつ計6名を、2月16日から3月2日まで日本に招へいし、ドキュメンタリー映像作品を制作する事業を実施します。

参加者は日本の学生で構成されたサポーターズ・チームと協力して、15分から30分程度の日本についてのドキュメンタリー映像作品を制作し、滞在期間の最後には、今回日本で制作する作品と、招へい者が自国で制作した作品の上映会を実施します。


◆上映会(2月28日)概要
 日時:2009年2月28日 土曜日
 開場:13時30分 開始:14時 終了予定:17時30分頃
 会場:日本工学院3号館1Fデジタルシネマシアター アクセス
    東京都大田区西蒲田5-23-22 Tel:03-3732-1141
 上映内容:各国の作品の初号試写イベントのため、タイトルおよび上映
      順は当日発表参加申込み

 どなたでもご自由に参加できます(事前申込み不要、先着順)
 料金:無料


◆上映会(3月1日)概要
 日時:2009年3月1日 日曜日
 開場:14時30分 開始:15時
 会場:UPLINK FACTORY アクセス
    東京都渋谷区宇田川町37-18トツネビル1階 Tel:03-6825-5502
 上映プログラム
  アフガニスタン作品/エジプト作品/トルコ作品
  *タイトルおよび上映順は当日発表になります。
 上映終了後、アジアプレス代表 野中章弘氏によるトークショーを開催
 参加申込み:どなたでもご自由に参加できます
       (事前申込み不要、先着順)
 料金:500円


お問い合わせ先
ジャパンファウンデーション 文化事業部 市民青少年交流課
担当:関口、日下部 
東京都新宿区四谷4-4-1 Tel: 03-5369-6060 Fax: 03-5369-6036

--------------------------------------------------------------------

蒲田校=東

中東映像ワークショップ〈貴重な体験〉

エジプトチームin渋谷










本日「中東映像ワークショップ」エジプトチームは渋谷へ。

能楽堂で、観世流シテ方・津村禮次郎さんのインタビュー撮影を行いました。

津村さんは英語も堪能、海外での公演も数多く、今回の事業にも申し訳ないほどの協力をして頂きました。

最後には急遽舞台で「高砂」を舞って頂き、恐縮至極…

下記映像は「高砂」に魅入ってしまうアブーの姿。
気の圧力に圧倒されています。

僕らも、彼らも、互いに素晴らしい経験だったと思います。

<a href='http://eyevio.jp/movie/232750'><img src='http://eyevio.jp/_images/f/f1/f1fb4898a59bdd52bb5dbfcb1b362bc7/232750/qeryoihoksjudbrpktlm_w1.jpg' />Egypt Team 能楽堂</a>

蒲田校=東

中東映像ワークショップ

エジプトチーム















中東三ヶ国(トルコ、エジプト、アフガニスタン)から映像を学ぶ学生とその先生を招いて、日本側サポーターチームとの共同ドキュメンタリー製作が、今週から始まっています。

個々数日エジプトからの参加者、スーとアブーについて廻っています。

エジプトで映画製作に携わっている彼らは、じつにタフに行動します。

今後どのような作品が仕上がるのか…不安と期待で…不安が若干大きいですが、サポートしていきたいと思います。

写真は月島路地でのスナップ。



蒲田校=東

寒さと暑さのあいだ…


明日は筋肉痛かな。






本日はサッカー中継車実習でした。

場所は学校から飛び出て大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森へ。

カメラ







学生の中から出場選手を募集し合計3チームのトーナメント戦。

そんな中私は実況を。

実況







第一試合目のゲストは33期の土田君

土田









第二試合のゲストは34期吉田君でした。

吉田














そして実況解説(私たち)に指示を出す学生。

ザ試験と田口








撮影スタッフとして参加した学生は今までと違う環境での実習に試行錯誤の様子



音声







カメラコース







いろいろなパターンの撮影現場を経験し、臨機応変な技術スタッフに成長していってほしいと願っております。


今日はとても寒かったのでスタッフ・選手の皆さん、
しっかりとお風呂に入りましょう。



蒲田校
補助員 小堀(30期卒)

あー明日の今頃は。

34期のサッカー中継実習に行ってまいります。

ここ最近の暖かさに胸がキュンキュンしっぱなしであります。
春は別れの季節でもあり、出会いの季節。
今年こそ、今年こそ…




修了制作がひと段落して、
放送・映画科34期の制作コースは自主制作に励んでいます。


本日は16ミリフイルムでのホラー?コメディ作品を撮影していました。




デジタルのカメラとは違い、ほぼすべての操作がマニュアルな機材で撮影。


絞り、色の調節、フィルターワークなど。
あまり馴染みのない機材に四苦八苦です。

撮影風景









出演者は気合いの血糊です。

森岡さん2






※少し、怖いのでモザイクで失礼します。




カメラマンも本気の演技の出演者に脅えながらの撮影…。

森岡さん









うわー怖いよー。

どんな作品になるのかとても楽しみです。


アナログと言うには語弊があるかもしれませんが、
マニュアル操作な機材にたくさん触れて
映像に関しての感覚をどんどん磨いていってほしいと思います。


田上










蒲田校
補助員 小堀(30期卒)
記事検索
月別アーカイブ