放送芸術科

日本工学院クリエイターズカレッジ 放送芸術科の
最新情報をお届けしています。

2008年06月

ノンリニア編集機の新製品を見に行ってきました。

先日、Avid社製の新製品が発表されたので展示会の方に
おじゃまさせていただきました。

会場に展示されている編集機はすべてHDノンリニア編集機と言われる
パソコンを使ってハイビジョン編集ができる機種です。
さすがハイビジョン!!モニターに映し出される映像美は感動ものでした〜

Avid新製品 010







編集機について三信電気の担当者の方から説明を受けました。
技術的に高度な内容で理解するのにいっぱいいっぱいでしたが…(汗)
私の質問に一つ一つ丁寧にお答えしていただき大変勉強になりました。
ありがとうございました。

未来の編集マンがこの編集機を使って番組制作をする姿が目に浮かびます。

蒲田校=笹本(初投稿です。ちなみに夢の18期卒)

収録


最近天気がよろしくないです…


今日BD34期制作コースは簡単なスタジオ収録をしました。

午前は コントドラマ班。
学生は真剣な顔で最終打ち合わせをしています。

asdfgh







収録は1時間ほど押してしまいましたが
この経験を次の実習に活かしてほしいものです。

RIMG0400













午後は クイズ番組班。

収録はスムーズでしたが、
技術的に失敗が多かったようです。

asdfghj







今回の実習では技術の大変さも学べたようです。

最後にみんなでVTR確認。


dfrtyuio







ディレクターのOKが出たようなので機材撤収…。




「少しくらい忙しいほうが楽しいし、やりがいがある!!」
制作コースの一人が放った本日の名言であります。


来週は午前が コントドラマ班、
午後は恋愛ドラマ班の収録です。


さて、来週はどんな人間ドラマを見せてくれるのやら。



                      蒲田校・補助員 小堀泰生(30期卒)

おどろき盤



手作りのアニメーション制作が「おどろき盤」です。

各コマの間にスリットを刻み、鏡を使用しながら観るのが一般的。

「映画の基礎」、静止画がどうして動いているように観えるのかが「おどろき盤」を通して理解できる仕組みです。

今回YouTubeにアップした作品は、制作コース1年生の課題で撮影したものです。

「おどろき盤」セット、なんていう工作用品が市販もされています。
ご興味のある方はぜひ、工作してみてください。

蒲田校=東

21期2年生ミニドラマの撮影中。5

5月から準備していたドラマ(尺(収録時間)が短いため、ミニドラマと呼んでいます)撮影を行っています。
今回は出演者、スタッフは放送映画科の学生で行いますが、初のドラマ撮影とあって緊張、緊張の連続です。

ハプニング発生!!!!!
撮影は順調で進んでいましたが、「用意、スタート」と共に、近くにあった噴水が突然動き始めてしまいました。すぐ設備管理のところに連絡し、噴水の栓を止めてもらい、撮影再開。

何とか19時には撤収が出来ました。

番組制作には、色々と問題が起きるので、いかに対応出来るかが、勝負です。
八王子・前田200806205200806204








20080620

体験入学

6月に入って初めてのDOS体験入学!!


今日の放送・映画科の体験入学は在校生が、
張り切って高校生の皆さんにレクチャーしていました。

カメラ
RIMG0357








照明
RIMG0371








音声
RIMG0356








編集
RIMG0359








制作
“写真差し替え中…”










今日は美術希望者がいませんでした。


日本工学院の強みは現場と変わらない機材と環境にあります。


ちなみに来週の体験入学は、
なっなんと共同テレビジョンの中継車がやってきます!!

時間がある方、興味がある方は是非!!
放送・映画科体験入学へお越しください!!







                   蒲田校・補助員 小堀泰生(花の30期卒)
記事検索
月別アーカイブ