放送芸術科

日本工学院クリエイターズカレッジ 放送芸術科の
最新情報をお届けしています。

2007年11月

国際放送機器展へ参加してきました

Avid_InterBEE02Avid_InterBEE01







報告が遅れましたが、11月22日(木)幕張メッセで行われたInterBEE・国際放送機器展に八王子校・馬場先生と蒲田校・東が参加してきました。

編集ソフトメーカーAVID(アビッド)の認定校として、教育現場での実施報告を行ったわけです。

ヘッドセットを付けてのレクチャーをすることは初めてだし、会場が広いし、硬い上体になってしまいましたが、まずまずの報告ではなかったかな、という印象です。

貴重な体験ありがとう、とも思います。

蒲田校:東

1年生実習/テレビ局内見学報告

NHK見学_02NHK見学_01







1年生実習・編集コースは、本日(11/24)都内テレビ局内の見学に向かいました。
ポスプロ業務に将来就くわけですから、ハイビジョン編集設備やマシンルーム、マスタールームという裏方業務を見て回りました。

マスタールームは12波もの放送を管理するとあって、ちょっとしたNASA気分の職場です。とにかくいたるところ時計だらけ、というのも特徴的です。

ハイビジョン編集ルームは一人で担当!だそうで、有名な時代劇の一場面を調整している途中を拝見。
一人というのはディレクターとのコミュニケーションが普段から出来ているための賜物。とにかく素早い動きは学生たちを驚かせていました。

就職意識を高めてもらう、という意味もあり、各コースで施設見学をたびたび実施しています。

蒲田校:東

1年生実習/活動報告

16mm_0616mm_05







16mm_0416mm_03







16mm_0216mm_01








血のり、を使用した撮影!驚かないでくださいね、あくまで演出です。

1年生も後期、年も押し迫ってくると、実習の内容も濃くなってきます。

今月半ばから制作チームの映画製作をめざすメンバーは短編映像制作を行っていました。

絵の具を多用したり、かなりアートな感覚の作品もありますし、役者を外部に依頼してのドラマ制作もあります。

12月1日(土)には試写を行う予定なので、編集作業が慌ただしく続いています。

蒲田校:東

Little DJ 〜小さな恋の物語〜



森谷雄氏の特別講義を行った。
映画『Little DJ 〜小さな恋の物語〜』のプロデューサーである。

森谷さんと僕を繋いでくれたのは、卒業生。
仕事場で意気投合して、蒲田を紹介してくれたらしい。
それが一月ほど前か。。
それから数回の電話とメールで講義が決まってしまった。
縁とは面白い。

講義では激を飛ばしてもらう。
・君たちは、何のために映像製作に関わるのか?
・映画を作る目的は「感動の純度を上げること」
・猛烈に忙しい映像業界では、流されないことが重要だ!
・だから3年後の目標をイメージすることが大切なんだ!
・イメージを現実化させるためには「パワーとセンス」が必要になる。
etc...

そんな森谷さんがたった2枚のメモから作り上げた『Little DJ 〜小さな恋の物語〜』。
ただ事でないことは明らかである。

蒲田校:東

http://www.atmovie.tv/
atmovie社Blogに、講義での感想が掲載されています。

上映会の案内:「無礼講にする!2007〜すでに初冬〜」

今年もやります!
SVP2として活動を再開してから3回目、通算14回目の無礼講です。3年前は夏、昨年は秋、そして今回は初冬と次第に会期が後ろにスライドしてはいますが何とか年内の開催です。今回も佐藤博昭、田中廣太郎、中沢あきを中心に、これまで以上に幅広く作品を選定してみました。
今回は第1日目を田中廣太郎によるライブ+上映の試みにあて、翌日はメンバーによる選定作品で構成します。作品は海外の映画祭からの選定と、従来どおりの日本新作選が中心です。きたての学生作品も加え、ビデオアート、アニメーション、ストーリー、ドキュメンタリー、あるいはメンバーや仲間の新作で構成しています。
無礼講初心者の方も、その筋の専門家の方も、様々な映像作品を肴に、一緒に”無礼講”しましょう!
どうぞよろしくお願いいたします。(代表・佐藤博昭)

<<無礼講にする!2007〜すでに初冬〜>>
11月30日(金)19:00〜20:00 (18:30開場)
12月1日(土)13:00〜20:00 (12:30開場)

会場:ビクター新橋ビルB1ホール
〒105-0004 東京都港区新橋1-7-1
  JR新橋駅または営団地下鉄新橋駅より徒歩4分
会場地図:http://www.jvc-victor.co.jp/tvf/30th/inquiry/index.html
参加費:金曜日1500円、土曜日は1日1000円です。
    プログラムごとの入替はありません。ゆっくりとご覧下さい。

問い合わせe-mail: desk@svp2.com
HP:http://svp2.com
blog:http://blog.svp2.com/

主催:SVP(Spread Videoart Project)
協賛:日本ビクター(株)東京ビデオフェスティバル事務局
協力:市民ビデオ研究会・市民ビデオ大学


======================
無礼講にする!2007〜すでに初冬〜プログラム
◆ ◇◆11月30日(金)◆◇◆

<kotaro tanaka live session!> 18:30開場、19:00開始(終了予定20:00) 
SVPメンバーの田中廣太郎による映像に生演奏の音楽が絡む、まさにliveな40分間!

映像:田中廣太郎
出演:今井僚子、藤井健介、他

参加費:1500円 ドリンク:200円〜会場にて販売


◆◇◆12月1日(土)◆◇◆

今回の無礼講セレクションは「ビデオ・ジャンボリー 〜世界の国からS.V.P〜」
と題し、日本の新作プログラムに加え、メンバーによる海外ビデオ事情の紹介とそこで収穫した作品紹介、さらには約1ヶ月のカナダ滞在でライブビデオを実演してきた服部かつゆきのリポートで構成します。中沢は9月までの収穫、服部は10月の滞在記、佐藤と田中は11月はじめのフェスティバル・リポートという無謀なまでに直近の新鮮情報です。この機会に是非ともご覧下さい。また、今回の参加費は金曜日の「田中廣太郎ライブイベント」が1500円、土曜日は入替無しの1000円と異なりますのでご注意下さい。先日の「無礼講2007運営会議」では、佐藤が「原油価格の高騰に伴い参加費を値上げせざるを得ない」と提案しましたが、中沢の「お客様には迷惑をかけられない」という強い反対により据え置かれることになりました。
皆さん、どうかお察しいただき、用意したドリンクをご注文下さい。

参加費:1000円(各プログラムでの入替なし) ドリンク:200円〜会場にて販売

<日本の新作発掘シリーズ> 13:00〜14:20

「無礼講」ではこれまでにも、多くの日本の新作を発掘上映してきました。これは我々の上映活動のひとつの柱であり、若い作者の発表の場を作るという、美しい使命は健在です。もちろん若くない作家の新作もとりあげます。今回も新しい発見があることでしょう。

<中沢あきセレクション> 14:30〜15:50
〜欧州浪漫・第2章 民族、国家、そして愛〜

今年は自作「願いをひく」とともに欧州の映画祭を巡った年でした。映画祭は出会いの場。作品そのものであったり、それを作った作家であったり、観客であったり。そしてそうした作品にタイトル通り、民族やら国家やら、愛やら人生について考えさせられたものでした。そんなロマンな出会いをした作品と、そしてその出会いのきっかけとなった自作を無礼講にて公開!ここであなたもロマンな出会いをしてみませんか?

<田中廣太郎セレクション> 16:00〜17:10
〜田中廣太郎がノーリッジでAURORAを見た〜

イギリスのノーリッジで行われるアニメーションのフェスティバル、AURORAから
田中廣太郎が選出した作品を上映します。
アニメーションを主軸としたフェスティバルではあるものの、
映画の可能性を押し拡げるようなプログラムを提示したいと考えています。

<スペシャルセレクション> 17:20〜18:30
〜服部かつゆきがカナダ・ウィニペグで野生のバッファローを食べた〜

VIDEO POOL(ビデオプール)は2007年度のアーティスト・イン・レジデンシー(*1)に服部かつゆきを招へいしたメディア・アート・センター。このセンターでの滞在を終えて先月帰国した服部がその滞在報告と新作実演をおこないます。北米の芸術先進国カナダでの市民ビデオとアートビデオの現況に、作家の立場からするどい分析を試みます。

*1. 芸術家の活動を宿泊施設、制作空間、機材などの提供を通じて、一定期間補助する企画。
VIDEO POOL www.videopool.org

<佐藤博昭セレクション> 18:40〜19:50
〜The One Minutes ベルギーで出会った素敵なヤングたち〜

オランダ・アムステルダムに本拠地を持つThe One Minutesが今回はベルギー開催となります。このフェスティバルの特徴は、もちろん1分間映像という作品の短さにもありますが、展開の柔軟さとユニークな運営スタイルにあります。ジュニアの部門は12歳から20歳までを対象としていて、若いスタッフによる力あるフェスティバルです。今年の各部門の入賞作を上映します。


各プログラム内容の詳細は今後随時http://blog.svp2.com/にてお知らせさせていただきます。

蒲田校•東
記事検索
月別アーカイブ